ニュース livedoor コーチ テレビ http news トリプル インタビュー スケート" />
So-net無料ブログ作成

浅田真央選手はまだ喪に服すことができていない [フィギュアスケート]

livedoorニュース 「浅田真央 実母の死から1年・・・復活の陰に『空白の2週間』」 http://news.livedoor.com/article/detail/7113274/ 最近の浅田真央のニュースはこちら 熱い男・松岡修造さんに受けたインタビューでは
今まででは考えられないほど「長く休んだ」と言っていた真央ちゃんですが
それがたったの2週間とは!

お母様の死去の直後の全日本選手権
そして3月の世界選手権にも出場したのは普通では考えられないことです。
ただそのタフな真央ちゃんが
「今年は世界選手権が終わった後、目標が見つからなかった」と言っていました。
毎年選手権が終わると来季に向けて目標をたてるのに、今年はそれができなかった、と。
やはり真央ちゃんは、心底疲弊していたのではないでしょうか。
かつて真央ちゃんを指導していた山田真知子コーチが
「真央ちゃんとママは絆が深かったから
(ママが亡くなってしまって)真央ちゃんが心配だ」
と言っていましたが、やはり喪失感の大きさは想像に難いですし
また真央ちゃん本人が別のインタビューで語っていたのですが
ジャンプの修正をずっとしているため
何をどう修正しているのかわけがわからなくなっていたそうです。

スケートが好きかどうかもわからなくなってしまってもしょうがないでしょう。
今季のプログラムはトリプルアクセルを封印した構成のため
大技に対する精神的負担のない状態で練習していますから
また違った気持ちで滑る事が出来ているとは思いますが
やはりテレビで見ている限りまだ本調子ではないのではないかと思ってしまいます。
彼女が本当に喪に服すことができるのはソチ五輪のあとなのかもしれません。
それまでは、苦しいけど走り続けるしかないのではないでしょうか。
そして彼女が走り続ける姿に、ファンは心を打たれるのでしょう。

トップページ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。