スタイル シングル イギリス キャラクター フィギュア ディーン イタリア サラエボ メロディー 音楽" />
So-net無料ブログ作成

カロリーナ・コストナー選手 イタリア選手権 FS [フィギュアスケート]


この会場を見る限り・・・イタリアではフィギュアスケートはあまり人気はないのでしょうか。少なくとも日本ほどではないのでしょうね。



コストナー選手の今季のFSはラヴェルの「ボレロ」。サラエボ五輪でイギリス代表のトービル&ディーンペアがこの曲を滑り、フィギュアスケート史上初のジャッジ全員から6点満点を与えられたため、この曲を滑るのは少し恐れ多いと感じている現役選手も多いはずです。
だけど最近は村主選手や安藤選手のように「伝説」を恐れることなく自分らしく滑っている選手も現れました。
だけどこの曲をフリーに持ってくるのはなかなか難しいなぁと、コストナー選手の演技を見て思いました。
メロディーは変わるけれど、リズムは終始同じですから、ショートならまだしもフリーで、しかもシングルで使うとなると、観客やジャッジを飽きさせないようにするのが大変でしょう。

音楽に引っ張ってもらうのではなく、「私が音楽よ!」と言えるくらいのキャラクターの選手とそしてそれに見合った技術がないとなかなかいいプログラムには仕上がらないのではないでしょうか。
だけどそこはやはり美しいかろりーな嬢、しっかり魅せてくれました。
大輪の花のようなジャンプ、のびやかなスパイラルがボレロのメロディーにきちんと乗っていて美しい。
やはりスタイルがよい選手はPCSで得をするのではないかとすら勘ぐってしまいました。

トップページへ

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。