恋愛 恋人 携帯 シングル 福岡 東京 話題 コーナー 新幹線 歌詞" />
So-net無料ブログ作成

圧倒的に会えてない!タモリと西野カナのやりとりがネットで話題に [歌手関係]

いまや誰もが認める大ヒットメーカーとなったシンガーソングライターの西野カナ。

その切ない歌詞とメロディが若い女性の共感を呼んでいることが、その人気の秘訣と言われています。

 

その西野カナですが、27日に放送された「笑っていいとも!」内の

人気コーナー「テレフォンショッキング」に登場し

司会のタモリと対談を果たしました。

 

その際、タモリが発した「圧倒的に会えてない」というフレーズがネット上で

爆発的なブームとなっているのです。

ことの発端は、タモリが西野カナの歌詞には会えないというワードが非常に多いという発言。

好きな人に会えないことへの切なさ、悲しさ、さびしさを歌った曲が多い西野カナですから

タモリの発言はまさに的を射ています。

タモリ曰く、「この時代メールもあれば、携帯もあれば、新幹線もあるし

会おうと思えばいくらでも会えるのに

『会えない、会えない』と言い続けてる」とのこと。

 

たしかに昔の恋愛と比べれば、遠距離恋愛もそれほど苦じゃなくなってきましたよね。

最近では特に格安航空も登場して、より遠方との体感距離が近くなったようにも感じます。

これに西野カナは「すごい遠距離ならどうですか?」と反論しますが

すかさずタモリは「写メ撮って送れば?」と鋭い切り返し。

この時点で爆笑ですが、さらにふたりのやり取りは続きます。

西野カナが手掛けたシングル21曲のうち、会えないと歌った曲はなんと6曲。

実に3分の1近く会えておらず、これにはタモリも「圧倒的に会えてない」とコメント。

もはや疑う余地はなく、西野カナの曲はたしかに「恋人にぜんぜん会えてない」ことが明らかになったのです。

このタモリの発言のシュールさ、そして切り込みの深さはたちまちネットで話題となり

今後しばらくは人気のフレーズとして流行しそうな雰囲気。

ちなみにタモリの分析によると、西野カナはいわゆる「昔の遠距離恋愛」を知らない世代。

10円玉をポケットに詰め込み、下宿の電話で恋人と話す時間が貴重だったころを実際には経験していません。

そういった真の意味で会うことができない恋人との関係に

ある種の憧れを抱いているのではないかというのです。

これには思わず納得させられる部分がありますよね。

西野カナは否定していましたが、東京から福岡までいまや片道2時間弱の飛行機で行き来ができる時代。

切ない恋愛にあこがれる若い世代とそのメロディや歌詞が絶妙に絡み合い

いまの人気を獲得していったのでしょう。

 

西野カナは、これからも多くの新曲を出していくはず。

「会えない」さびしさを歌った曲とともに

今度は「一緒に歩んでいく」幸せな歌詞もたくさん手掛けてほしいですよね。

トップページへ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。