トトロ メッセージ 宮崎 テレビ キャラクター アニメ 話題 長編 アニメーション エヴァンゲリオン" />
So-net無料ブログ作成

宮崎駿監督、引退! [映画]


アニメーション監督として世界中で親しまれている宮崎駿監督が、公開された「風立ちぬ」を最後に長編アニメ制作現場からの引退を表明し、話題となっています。

宮崎駿監督といえば、「となりのトトロ」「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」といった日本アニメの中でも歴史に残る、数々の傑作を生み出してきたアニメ界の重鎮です。彼の作品には様々なメッセージ性が詰め込まれ、見る年齢によって様々な楽しみ方ができることでも知られています。

宮崎駿の作品を見たことのない日本人は、おそらくあまりいないのではないでしょうか。テレビでの放映が頻繁に行われており視聴できる機会が多いことももちろんですが、やはり最大の特徴は年齢・性別を問わずに楽しむことができるという点。
独特なキャラクタービジュアルや演出、表情、そして音楽など、すべての面において日本アニメの頂点に君臨し続けてきたのが、宮崎駿でした。
現在放映中の「風立ちぬ」でも、その手腕は発揮されています。

現在多くのアニメーションが作られ、様々な監督やアニメーターが活躍している日本ですが、こういった宮崎アニメの影響を受けて頭角を現したのが、エヴァンゲリオンで知られている庵野秀明監督。
なんと今回の「風立ちぬ」では声優を務め、予想外の活躍に多くのファンが驚いたことでしょう。そんな庵野は、引退する宮崎駿の下でアニメーション制作の経験を積んだ、いわば弟子のような存在。
有名な「風の谷のナウシカ」では、重要なシーンである巨神兵のシーンを任され、見事に大役を果たした経験もあります。

この庵野監督が、現在その「風の谷のナウシカ」の続編制作を希望しているのは、ファンの間では有名な話題です。もともとナウシカは宮崎駿の原作のうち、序盤のみを描いたに過ぎず、庵野は完全な形でそれを描きたいという思いを秘めていました。
これに応えたのが宮崎駿。彼は「庵野ならばいい」と、ある種お墨付きを加えたのです。
もしかすると、宮崎駿は庵野を自分の後継者として認めたのかもしれません。

もっとも、宮崎駿は以前にも引退をほのめかしたことがありましたが、再びアニメ界に舞い戻ってきました。ファンの間でもそれを期待する声が多く、まだまだ素敵な物語を描いてほしいという願いもネット上で見られます。

「風立ちぬ」は大成功を収めつつありますが、ぜひ「ナウシカ」や「ラピュタ」のようなファンタジックな冒険活劇を描いてほしいところ。引退後も、そういったファンの期待はいつまでも残り続けることでしょう。

トップページへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。