タレント テレビ 家具 サバイバル テレビ朝日 土屋アンナ 芸能 スペシャル 撮影" />
So-net無料ブログ作成

サバイバル芸人、よゐこ [テレビ番組]



9月1日にテレビ朝日系で放映された、「土屋アンナ&冨永愛vs.よゐこ 過酷!!真夏の無人島で2泊3日?0円生活 5時間SP!」は、みなさんご覧になったでしょうか。
無人島生活といえばよゐこ、よゐこといえば無人島生活と言われるほどに知名度を得た番組内で、女性タレントとどちらがサバイバル生活に適した能力が高いかを競うというこのとんでもない番組、昨年に続いて第2回の放送となりました。

この無人島生活の人気を支える要となっているのが、よゐこ。
よゐこなくしてこの番組は人気を支えることができないほどに、非常に熱心なファンが多いのがこの芸人コンビです。

まずは濱口。
様々な女性タレントと浮名を流し、芸能界でも随一のモテ男と称されるのがこの濱口ですが、けして女たらしなだけではありません。とにかくサバイバル能力が高い!
特に、海に潜っての漁は番組を盛り上げる大切な場面。大物との激しい戦いや、細かい魚のを射掛けまわし捕えるなど、あらゆる場面で常に面白いセリフや動きを視聴者に楽しませてくれます。
「とったどー!」のきめ台詞は、もはや社会現象と言えるほどに流行しました。

一方の相方、有野。
とくにこれとって特徴はなく、顔立ちも普通でコメントも普通と、なにもかもが平均レベルな有野ですが、その根性や応用力は抜群。漁に出る濱口を待つ間、家や家具をせっせと作っていく様子は番組内でも人気が高く、完成した家の出来栄えもかなりのもの。

このふたり、ちゃらんぽらんに見えても実はとてもプロ意識が高いことも特徴です。
テレビの画面を常に意識し、どのように動けば視聴者が見やすいのかを計算しながら動いているのです。このため、ふたりがテレビに映るときの画面は非常にすっきりとして見やすく、笑いどころがわかりやすいのです。

今回のスペシャルでは、3日間徹夜で踏ん張る有野と、それを横目にドラム缶で仮眠をとりながら悠々と活動する濱口の対比が見どころとなりました。過酷な環境下での撮影ながら、それらを笑いに変えていくよゐこには頭が下がります。

この放映の評価は非常に高く、ネット上で絶賛されていました。もちろんよゐこだけでなく、土屋アンナと冨永愛らの活躍もあってのものですが、「面白かった」「また見たい」という声がとても多いですね。

今後も無人島サバイバル生活企画はよゐこに降りかかってくることでしょう。今度はどんな過酷な環境下で、どのような笑いを作り出してくれるのか。
視聴者としては、それを期待して楽しみに待ちたいですね。

トップページへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。